昔のヤンチャを自慢する奴にロクな奴は居ない

 ウチの社長はいわゆる、昔悪だった事を格好良いと勘違いして自慢したがるタイプです。
 例を挙げると、まず、暴走族だったそうで。
 見た目が派手な私が元レディースだとか、そこまでじゃなくても族にあこがれを持っているとでも思われたのか、興味の無いチームの名前を延々と聞かせて来たりして。
 いや本当、あこがれどころかそういう人を軽蔑する人種なんですけどね、私。

 あとは中学生の頃に、ゲーセンに香水をばらまいて逃げただとか。
 ゲーセン自体は中学生でも入れるんだっけ? というぐらい、そういう遊び場にも興味が無い私ですが、とりあえず、業務妨害罪で3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に当たる事ぐらいは分かります。

 こういう人って、もしもこの世から時効が完全に撤廃されて、例え軽犯罪であっても過去に遡って罰せられる世の中になったら……と考えたことは無いんでしょうかね?
 私が笑い話として言えるのはせいぜい、3歳の頃にコンビニで陳列されてるお菓子を食べちゃって、親が謝りながら清算してくれた……ぐらいです。
 これだってもしかしたらそのうち、窃盗罪として親じゃなく私自身が罰せられる日が来るかも知れませんしね。
 その覚悟がある上で書いてるんですけど。

 そういう事を、仕事中に堂々と言うんですよ。
 ウチ、コールセンターなので、アポインターの皆さんがお客様とお話してるそのすぐそばで、ですよ?
 それってつまり、お客様にもその話が伝わってるかもしれないって事じゃないですか。
 実際それでクレームに繋がった事だってあるんですよね。
 一度は取れたアポイントに、確認電話をしたら後ろで社長が大声で卑猥な話をしていたので、それが聞こえてしまって、「あなたの所の会社、信用できないわ!」ってドタキャンされたこと……。
 それで、アポが取れないのはお前らのせいだ~みたいに言うので、たまったものじゃありませんよ。
 まぁ通話は全部録音されているのでね、一回そのクレームに至った会話内容を大音量で流してやりたいですわ。