神奈川クリニック眼科

本サイトは、神奈川クリニック眼科の最新価格情報や、体験談を掲載するサイトです。神奈川クリニック眼科とは一切の関係がございませんのでご注意下さい。中立的な立場で、「神奈川クリニック眼科って気になるけど、実際どうなんだろう・・・」という方に情報を発信していければと思っております。

» 神奈川クリニック眼科公式サイトはこちら

滝のような涙とクリアな視界

あまりの目の痛みにホテルのベッドに横になったわたしは、先ほどクリニックでもらった痛み止めを我慢できずに飲みました。しばらく横になっていると、心配した家族から電話がありました。あまりに連絡が来なくて時間も経っていたので…と言われたのでわたしは今は麻酔がきれて目に痛みと、ものすごい量の涙が出ているので痛み止めを飲んで休んでいることを話しました。

その電話で起き上がったとき、本当に尋常ではないくらいの涙が出て、とてもビックリしました。「ボタボタボタ~」という感じでまさに滝のような量でした。目を強くつむったり、こすったりしてはいけないと思い、流れてくる涙を小さくたたんだティッシュで押さえながら拭きました。電話を切ったあと、点眼薬の時間になっていたのでそれをさしてまたすぐに休みました。痛みもありましたが、ドライアイのような感じも若干感じられました。これも、点眼薬が出ていたのでさしました。

そして2時間ほど眠りに落ちて、目が覚めました。たしか時間は夜10時頃だったと思います。痛み止めが効いたのか痛みはほとんどなくなっていました。涙もおさまりつつあり、体調も良かったので、さきほど手短に済ませてしまった家族への連絡をしました。その前に部屋のカーテンを開け、外を眺めて見ました。手術直後よりクリアになった視界に、とても感動しました。それを早く伝えたかったのと、手術に理解をしてくれた家族にお礼を言えていなかったので「本当に良く見えるよ。手術受けさせてくれてありがとう、ありがとう」と言うと、家族は少し照れたように「もう分かったよ~」なんて言っていました。

その日の夜は、何回か目が覚め点眼薬をさしていました。そして翌朝はもうすでに視界はクリアになっていました。時間を確認するために、いつもは携帯を近づけて時計を見ていましたがその日からは違いました。ベッドのわきにあった時計がパッと目に入り時間を確認することが出来ました。本当に手術を受けて見えるようになったんだ!と実感した出来事でした。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー  リンク集
Copyright(c) All Rights Reserved.