神奈川クリニック眼科

本サイトは、神奈川クリニック眼科の最新価格情報や、体験談を掲載するサイトです。神奈川クリニック眼科とは一切の関係がございませんのでご注意下さい。中立的な立場で、「神奈川クリニック眼科って気になるけど、実際どうなんだろう・・・」という方に情報を発信していければと思っております。

» 神奈川クリニック眼科公式サイトはこちら

期待が高まる検査予約

わたしがレーシックを受けた施設では、検査予約の方法は、電話か施設のホームページでから予約フォームを送信する2つの方法がありました。わたしは予約フォームから予約しました。

予約フォームを開くと、「下記の項目にあてはまる方は、視力回復手術をお受けいただくことが出来ません。」と、まずは注意事項が記載されていました。11個ほどの項目がありました。また、カウンセリングから検査までにかかる時間も細かく記載されています。

なお、術前検査でも、コンタクトレンズ制限があります。わたしはソフトレンズでしたので、検査予約日の1週間前からの制限でした。レンズの種類によって、制限期間は異なりますが、正しい検査結果を得るためにとても大切なものです。どうしてもレンズの制限が難しい場合は、手術が可能かどうかのみの判定ですが、最短で当日の朝から使用を中止することも出来ます。わたしは地方在住ということもあり、検査は1度で済ませたかったので手術可能かの判定+手術に必要な眼のデータ測定などの全ての検査を受けられるようにレンズの制限をしました。

予約フォームには氏名・住所・Eメールや生年月日などの情報や、検査予約日・希望の手術方法・病歴や治療中の病気は無いかなど、結構細かい項目にわたって入力をしていきます。入力が終わると、先に入力したEメールへ確認のメールが届いたあと、クリニックから術前検査の予約日と、注意事項が書かれたメールが届きました。

検査予約を入れたときは「どんな検査をするのかな?」「眼圧測るの嫌だなぁ」「手術は受けられるのかな」というような不安が大きかったです。そこでまた、クリニックのホームページを訪れ、検査に関しての情報を熟読しました。今まで、眼科にかかったことは何度もありますが、そのときとはまた違った「なにをされるのだろう?」という不安だったのを覚えています。けれどもその反面、まだ検査を受けたわけでもないし手術も出来ると決まったわけでもありませんが「もうすぐ、メガネやコンタクトとも縁が切れるんだなぁ…裸眼の世界って、どんなだろう」と、とてもワクワクしていました。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー  リンク集
Copyright(c) All Rights Reserved.