神奈川クリニック眼科

本サイトは、神奈川クリニック眼科の最新価格情報や、体験談を掲載するサイトです。神奈川クリニック眼科とは一切の関係がございませんのでご注意下さい。中立的な立場で、「神奈川クリニック眼科って気になるけど、実際どうなんだろう・・・」という方に情報を発信していければと思っております。

» 神奈川クリニック眼科公式サイトはこちら

申し込み前に調べたこと

レーシックを受けることの出来る施設数

→レーシックを行なっている施設は、近年の普及とともに実に200施設以上ある。
…まずは、その多さにビックリしました。主な施設の形態は眼科全般の総合的な治療を行なう「眼科施設」とレーシックのみを施術するために設立された「専門施設」の2つに大きく分類できるそうです。

病院を選ぶポイント

→専門の眼科医、多様な手術が経験豊富かどうか?・術前の検査や説明をしっかり行なっているか?・設備管理、機器管理、術後のアフターケアなどをしっかり行なっているか?・機器は最新のものを使用しているか?実績数が多いか?
…他にもいくつかのポイントはあると思いますが、わたし上記の4点にしぼって病院を選ぼうと思いました。どのようなこともそうですが、やはり情報収集は入念にし、ポイントを自分なりにしっかりと押さえておくことが重要だとわかりました。

費用

→各施設による違い。
レーシックの費用は施設によって大きく差がありました。両眼で10万円~40万円ほどまでの開きがあります。費用面も施設選びの重要な要素ではありますが、「安いから」といって・または料金だけを比べて、手術に飛びつくのは良くないことがわかりました。しかし「安いから悪い」「高いから良い」とは必ずしも当てはまらないということは頭においておいたほうが良いと思います

手術の適応・不適応

→誰でも手術を受けられるわけではない。
コンタクトやメガネと違って、誰でも出来るわけではない…ということがわかりました。なぜならレーシックは「手術」による視力回復であるためです。手術を受けることが出来ない人の主な理由は、いくつかあります。例えば、強度近眼であり視力の回復が見込めない・未成年(施設ごとに定義は変わります。)で、視力低下の途中である・レーシックでは治療出来ない老眼の治療が目的・仕事に支障をきたす恐れがある・全身の病気やアレルギーがある・角膜に異常がある・妊娠、授乳中である・その他医師が不適切と判断した場合などです

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー  リンク集
Copyright(c) All Rights Reserved.